目次

1日目。羽田からバンコク、タマサート大学ランシット校へ。

2日目。チェンライで道に迷う。

3日目。トレッキングに出発。

3日目。山中で疲労困憊する。

3日目。ラフ人の村からサイモンさんの家へ。

4日目。村の儀式

4日目。サイモンさんの家からアカの村へ。

5日目。トレッキング最後の日

6日目。チェンライの一日

7日目。チェンライからチェンコーンへ。

8日目。往復216円の海外旅行。(海外ではないけど)

9日目。さよなら、チェンコーン。

10日目。バンコクまでお使い。

11日目。サファリワールド、バンコク

12日目。バンコクから27円で行けるタイ湾。

13日目。日記の終わり

2012年06月07日

3日目。山中で疲労困憊する。

老人の家をでて20分くらいして、草むらの中の道に入り、沢沿いに、山を登りはじめた。森の中の道はだんだんと険しくなり、倒木でふさがれていたり、沢を渡れずに迂回したりした。最初は面白かったが、すぐに苦しくなった。リュックサックには二泊三日間に必要なものが入っていたが、これが肩に食い込んだ。


004001.jpg  004002.jpg


サイモンさんが山刀で道を開きながら進んだ。私は息が荒くなり、立ち止まってハアハアとしながら、あとを追った。大量の汗で、シャツもタオルもぐっしょりとした。斜面を登ったところで、「動けない。」と音を上げた。サイモンさんは、「すぐそこで休憩だ。」と下の沢を指差した。


沢に下りて石に腰かけ、泥のついた手と、汗まみれの顔を洗った。サイモンさんが弁当を渡してくれた。スープとカオマンガイ(鶏肉ご飯)。スープをすぐに飲んだ。濃いスープがうまかった。カオマンガイには赤いソースがついていた。サイモンさんは、「辛いからあまりかけるな」といったが、自分では全部かけていた。私も全部かけた。


弁当はおいしかったが、ご飯が多すぎて食べ切れなかった。私が残すと、サイモンさんはそれを沢に投げ入れた。メダカくらいの魚がご飯粒に集まってきた。そのうちにカニが現われて、ご飯粒を食べはじめた。私とサイモンさんは魚とカニをおどかさないように、静かに見ていた。沢を吹き抜ける風が気持ちよく、水の流れる音に耳をすました。


13時ころ、サイモンさんにうながされて出発すると、すぐに気分が重くなった。休息して回復するような体力は、はじめから無いのだと思った。少し歩くと息が荒くなり、何度も立ち止まった。サイモンさんは見かねて、難しい場所では荷物をもってくれた。私はなぜポーター(荷物を運ぶ人)を頼まなかったのだろうと考えた。たしか、安価で雇えたはずだ。以前参加したトレッキングでは、荷物はすべてポーターがもってくれた。それでも、疲れきったのを憶えている。


荷物をサイモンさんに渡したときは、一瞬、非常に楽になった気がしたが、それは一瞬で終わった。疲れたから体が動かないのではなく、単に、体が動かなかった。体が動かないので、ああ自分はとても疲れているのだな、と理解した。少し歩いては立ち止まって、うつむいて竹の杖で体を支えながら、ハアハアと息をし、水を飲んだ。また歩き始めると、すぐに息が荒くなった。


サイモンさんが上方にある滝を指して、あそこまで行ったら休もう、と言ったとき、あんな高いところに行くのかとうんざりした。滝についたのは、沢を出てから30分くらいだった。手と顔を洗っても心は晴れなかった。また歩くのかと考えただけでうんざりした。なぜこんな所を歩かなければならないのか? 道が何箇所も塞がれて迂回しながらすすむ様子からすると、村の人たちが日常的につかっている道ではなかった。トレッキング・コースとしても、ふだんは使われていないのではないか? 今回の参加者が男一人だけなので、久しぶりに難しいコースにしたのではないか? などと恨みがましい気持ちで考えた。


滝を出発しようというサイモンさんの言葉が嫌でならなかった。私は何も話す気にならず、自分でも無表情になっているのが分かった。表情をつくる筋肉を動かすエネルギーも残ってないのだ、と思った。サイモンさんは、大きなイノシシの通った痕跡を見つけ、解説してくれた。私は何もきいていなかった。何を考えるのも面倒で、サイモンさんの言葉を理解するのも面倒でならなかった。もう私を置いて、とっとと先にいって欲しかった。このままここにうずくまるか、いっそ谷に落ちてしまえば、歩かなくて済むと思った。


そのうちに雨がふってきた。私たちはそのまま歩きつづけた。汗でぐっしょりとなったシャツとタオルがさらに濡れ、顔を流れていくのが、汗なのか雨なのか涙なのか鼻水なのかも分からず、それを重く濡れたタオルで拭うと自分が何をしているのか分からなくなった。


私はいつ「もう歩けない。」と宣言しようかと、そればかり考えていた。この先どれだけ歩くのか知らないが、どこかで倒れるのは明白だった。だとしたら無駄にがんばるより、トレッキングを中止してでも歩くのは止めた方が良い。私はあと何歩歩けるのか? と考えながら、休止を要求した。


サイモンさんは、すぐそこが頂上だから、そこで休もう、あとは下りだから楽だ、と言った。私はその言葉を信用していなかった。疑ってもいなかった。何も考えたくなかった。嬉しくも、悲しくもなかった。無感情のまま、低木の茂みの坂を登った。
posted by yanagisawa at 13:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。