目次

1日目。羽田からバンコク、タマサート大学ランシット校へ。

2日目。チェンライで道に迷う。

3日目。トレッキングに出発。

3日目。山中で疲労困憊する。

3日目。ラフ人の村からサイモンさんの家へ。

4日目。村の儀式

4日目。サイモンさんの家からアカの村へ。

5日目。トレッキング最後の日

6日目。チェンライの一日

7日目。チェンライからチェンコーンへ。

8日目。往復216円の海外旅行。(海外ではないけど)

9日目。さよなら、チェンコーン。

10日目。バンコクまでお使い。

11日目。サファリワールド、バンコク

12日目。バンコクから27円で行けるタイ湾。

13日目。日記の終わり

2012年06月08日

4日目。サイモンさんの家からアカの村へ。

サイモンさんの家に戻ってシャワーを浴びてから、昼過ぎ、トレッキングに出発した。しばらくはコンクリートの道を歩いた。歩きやすかったが、日差しが強く、コンクリにはコンクリのつらさがあると感じた。やがてまた、森に入った。あとは昨日と同じなのでくり返さない。昨日より短い距離で障碍物も少なかったけれど、昨日と同じようにへばった。


また、コンクリートの道に出て、あとはひたすら歩いた。途中の村の店で休息し、私はコーラを飲んだ。その後、また歩いた。歩いて歩いてひたすら歩いた。


007001.jpg 007002.jpg

(道は人を郷愁にさそう。しかし、歩く人にとっては、ただ暑く疲れる道だ。)


そして着いたのはアカ人の村で、見晴らしのよい家に泊まることになった。私とサイモンさんは広縁に坐ってビールを飲み、あれこれ話した。なんとなく客とガイドではなく、友人同士のような感じになった。連絡先も交換した。


007003.jpg

(遠くに見える道をあるいて、私たちはこの村にやってきた。)


007004.jpg

(この家に泊まった)


サイモンさんは、欧米人があまり好きでないといった。彼らは文化を理解しようとしない。米のご飯も食べたがらない、という。私は辛いものでもカエルでも何でも食べたのが良かったのかも知れない。


食事をするために別の家に上がった。イタリア人のアントニオとそのガイド(名前をききそびれた)、それから他に何人かいた。アントニオはいわゆるバックパッカーでアフリカを旅していたという。乾杯したとき、アントニオがチンチンといったので、日本語を知っている人たちが、股間で指を突き立てて大笑いした。若い女の人もいたのに、私も下品なことをあれこれ言い、下らない話で盛り上がった。


食後は場所をかえて、東屋のようなところで、飲んであれこれ話した。暗い中そこだけ明かりが灯っていたので、虫がよってきた。ヤモリやトッケーがどこかで鳴いていた。サイモンさんがトゥッケートゥッケーと鳴きまねすると、アントニオは、イタリア語ではジェッコーだと言った。日本語であれは何かと聞かれたので、トッケーだといった。それに対して、サイモンさんは、あれは日本語ではヤモリだ、といった。しかし、ヤモリは小さいし鳴かない。だが、サイモンさんは、日本語ではヤモリだとくり返した。そういわれると、ヤモリという言葉はトッケーを含むのかもしれないと思った。英語ではゲッコーだし、ゲッコーという名前でペットショップにいたような気もしてきた。


あたりでは、蛍が一つふたつ飛んでいた。サイモンさんは私に、「オバケを信じるのか?」 ときいた。私は信じないと答えた。サイモンさんは意外そうな顔をした。オバケはタイ語ではピーだろうと言うと、ゴーストとスピリットは違うのかという話がはじまった。私はなんとなくサイモンさんは仏教徒なのだと思っていた。しかしそうではなく、カレンの伝統的な宗教を信じているという。「蛍は死んだ人の魂だ」と私はいった。「カレン人は蛍が家に入るのを喜ばない」とサイモンさんは言っていた。


そのうちサイモンさんとアントニオがギリシアの財政問題について熱心に語りだしたため、何を言っているか分からず、私は帰って寝た。
posted by yanagisawa at 13:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。