目次

1日目。羽田からバンコク、タマサート大学ランシット校へ。

2日目。チェンライで道に迷う。

3日目。トレッキングに出発。

3日目。山中で疲労困憊する。

3日目。ラフ人の村からサイモンさんの家へ。

4日目。村の儀式

4日目。サイモンさんの家からアカの村へ。

5日目。トレッキング最後の日

6日目。チェンライの一日

7日目。チェンライからチェンコーンへ。

8日目。往復216円の海外旅行。(海外ではないけど)

9日目。さよなら、チェンコーン。

10日目。バンコクまでお使い。

11日目。サファリワールド、バンコク

12日目。バンコクから27円で行けるタイ湾。

13日目。日記の終わり

2012年06月09日

7日目。チェンライからチェンコーンへ。

朝、ダニに右腕を何ヶ所か刺されたのに気づく。用心して虫除けをかけておいたのだが。チェックアウトの日なので、気が進まないまま、荷物をまとめた。


バス・ステーションに行き、チェンコーン(メコン河畔にある、ラオスとの国境の町)行きのバスに乗った。67バーツ(181円)。はじめは立ち乗りの人もいたが、だんだんと減った。走り出してから雨になり、寒くなったので、上着を着た。チェンコーンに近づくと、中国語の看板がふえた。


010001.jpg 010002.jpg
(運転中もドアは開けたまま)


チェンコーンについて、トゥクトゥクで、日本人経営のゲストハウスにいった。町からはずれた村のようなところにあった。一泊150バーツ(405円)。二階のテラスから、メコン川が見渡せて、とてもよい眺め。


010003.jpg
(メコン川の向うはタイではなく、ラオス)


町に出て散歩してみるが、面白いものは何もない。とちゅうでクエッティヤオを食べた。肉がジューシーで美味い。宿の近くまでもどって、駄菓子屋(のようなところ)で、ジュースを買った。人が集まって、ムエタイを見ていたので、一緒に見た。あれこれ話しかけられた。そのとなりにある看板の無い店はカオソイ屋らしいので、入ってカオソイを食べた。20バーツ(54円)。安くてうまい。


010004.jpg


夕方になって、駄菓子屋にもう一度行き、ウイスキー(のようなもの)をかった。ラオ・ウィサキー・アライコダーイ(酒、ウイスキー、なんでもいい)というと、店の人が面白がった。テラスでメコン川の夕暮れをぼうっと眺めながら飲んでいると、この宿の子どものヨウコちゃんがきたので、一緒にあそんだ。四歳だという。人なつこい。あたりは暗くなっていった。蛍が何匹もとびかい、それを一緒に見ていた。「火垂るの墓」(ジブリのアニメ映画)を思い出した。ああそうだ、あれの英語版で、fireflies という言葉を知ったのだ。それから、ヨウコちゃんが、柱にトッケーがいると教えてくれた。大きかった。


八時ころ散歩にでると、裏の家の老人に、飯を食べに来いとさそわれた。ウイスキーをもって、上がりこんだ。老人は60歳でサーム(三という意味)さんといった。それからその子どものサンさんと女性がいた。茹でたエビとご飯とウイスキーで盛り上がった。
posted by yanagisawa at 17:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。