目次

1日目。羽田からバンコク、タマサート大学ランシット校へ。

2日目。チェンライで道に迷う。

3日目。トレッキングに出発。

3日目。山中で疲労困憊する。

3日目。ラフ人の村からサイモンさんの家へ。

4日目。村の儀式

4日目。サイモンさんの家からアカの村へ。

5日目。トレッキング最後の日

6日目。チェンライの一日

7日目。チェンライからチェンコーンへ。

8日目。往復216円の海外旅行。(海外ではないけど)

9日目。さよなら、チェンコーン。

10日目。バンコクまでお使い。

11日目。サファリワールド、バンコク

12日目。バンコクから27円で行けるタイ湾。

13日目。日記の終わり

2012年06月10日

8日目。往復216円の海外旅行。(海外ではないけど)

朝早く起きたので、テラスでメコン川を見ていた。


011001.jpg


011002.jpg


011003.jpg


近所の店で菓子パンを買って、朝食に。そのあと、宿でコーヒーをたのんだ。今日は対岸のラオスに行くことにする。ラオスに行きたいところがあるわけでなく、国境というのを超えてみたかった。


宿に来た中国系の陳さんと少し話した。ラオスは、不便なのに宿も食事も高く、公務員が何かと金銭を徴収したがるので良くないと言った。たしかに、ラオスでは、制服の職員が町に多かった。


9時ころメコン川を渡って、ラオスに行った。出入国手続きには、白人がたくさんいて、奇妙な感じがした。メコンの渡し舟は、外国旅行というイメージからはほど遠いものだった。渡し賃は40バーツ(108円)


011004.jpg


対岸の町、フエサイは、一本の道路の両側に店が並んでいるだけのつまらない印象。ルアンパバン(ラオスの主要都市)に行く通過点でしかないと思った。白人がやたらと多い。船着場の正面にある階段をのぼって寺に行った。そこですこし休んで、寺のうらから下りて、あたりを散歩した。悪いところではなかったけれど、道に迷いそうだし、暑いし、お腹が空いてきたので、タイにもどった。


011005.jpg


船着場の砂地では、トラックが行列をつくっていた。中国からラオスを経由して、このチェンコンでタイとつながっているのだという。軍用の上陸艇みたいで面白い。いま橋を建設中なので、あと数年で見られなくなる風景だろう。


011006.jpg



宿にもどって、テラスでごろごろしていた。日記を書いたり、宿の犬と遊んだりして、暑いあいだは、外出しなかった。


011007.jpg
(さまざまな鳥がいた。)


011008.jpg
(葉っぱをくわえて、あお向けになって股間にもぐりこむ犬)


011009.jpg
(へんなポーズをする)


夕方、自転車を借りて、バス・ターミナルに行った。たんにバスが停まるというだけで、何もないただの道だった。あたりをうろうろすると、ソンバット・ツアーという会社があった。入ってきくと、バンコク行きのバスがあった。明日の予約をした。688バーツ(1858円)。市が開かれていたので、ついでに見物。虫のからあげ10バーツ(27円)を買ってかえる。小エビのような味。


011010.jpg


夜になってもう一度自転車で出ると、けっこう飲食店があると気づいた。夜は一人でテラスで飲んだ。明かりをつけておくと虫が集まり、それを目当てにヤモリが集まって面白い。それからちょっと散歩して、大きなカエルを捕まえたので、小学生にあげた。
posted by yanagisawa at 16:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。